認定NPO法人ARUN Seedは、コロナ禍の世界で課題解決に挑む社会起業家を発掘し投資する「第3回CSIチャレンジ3(クラウド・ソーシャル・インベストメント・プログラム)」を実施致します。

ARUN Seedは、「画期的なビジネスを通じたSDGsの達成」をテーマに掲げ、過去2回にわたりCSIチャレンジを実施し、私たちの世界を取り巻く課題・問題に取り組む起業家を発掘し、社会的投資を通じて支援してまいりました。

【CSIチャレンジ3の目的】

第3回目となるCSIチャレンジ3では、特に新型コロナウイルスの感染拡大によって深刻な問題に直面している途上国の人たちに寄与するビジネスを展開している企業家を発掘・支援します。具体的には、最も厳しい状況下に置かれている女性・子ども・難民をサポートする起業家を発掘し、ウイズコロナ・アフターコロナ時代の新しい社会を彼ら/彼女らと共に作っていきたいと考えています。

【CSIチャレンジ3の概要】

CSIチャレンジ3は、起業家のビジネスアイディアを、ARUNが社会的インパクト(特に、コロナ禍による影響の大きさ)、ビジネスの持続可能性などを考慮して選抜し、社会的投資を行う「ビジネス・コンペティション」です。

最終選考会は、ARUN理事である米倉誠一郎一橋大学名誉教授をはじめとする審査員をお迎えし、2020年11月に開催する予定です。優勝した起業家には、事業成長に必要な投資に加え、ビジネスモデルへの助言など、さまざまなインキュベーションサポートを提供します。

【プログラム詳細】

▼テーマ
コロナ禍で奮闘する社会起業家を発掘支援

▼募集対象
・コロナ禍により影響を受ける女性、子ども、難民の人たちの課題解決に取り組む社会的企業
・SDGs達成に向けた社会的インパクトを創出する社会的企業

▼スケジュール
2020年7月〜2021年3月
 募集期間: 2020年7-8月
 審査期間: 2020年9-10月
 最終プレゼンテーション・審査(オンライン): 2020年11月
 優勝企業決定: 2020年12月
 デューデリジェンス、投資交渉、投資実行: 2021年1-3月
 ※新型コロナウイルスの影響により、スケジュールおよび内容に変更のある場合があります。

また、CSIチャレンジ3を通して選抜される起業家への資金調達のために、「クラウド・ファンディング」を実施いたします。皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

【クラウド・ファンディングの概要】

▼プロジェクトタイトル
コロナ禍でも世界はひとつ。途上国の社会起業家にエールを!

▼目標金額
350万円

▼募集期間
2020年6月29日(月)〜2020年8月31日(金)23時

▼募集方式
寄附型/All-In方式

▼リターン
今回、このプロジェクトにご賛同頂きご支援頂いた皆様には、御礼のメール/CSIチャレンジ報告レポート/領収書※をお送りします。
詳細は、下記を御覧ください。
URL:https://readyfor.jp/projects/arun2020
※ARUN Seedは、2017年7月28日に認定NPO法人として東京都に認められました。確定申告を行うことにより所得税・住民税合わせて最大で約50%の税額控除が受けられます。

【過去のCSIチャレンジでの選考・採択実績】

■ CSIチャレンジ2 グランプリ企業
ネット上で家政婦の登録と雇用ができるサービスです。不利な立場におかれやすい女性の人権を重視し、契約書の締結を支援したり、24時間対応のヘルプラインを設けています。ブックマイバイが仲介者となることで、労働環境の改善やトラブルの減少につながり、雇用側も効率的に家政婦が確保できるようになりました。 1万1千人の紹介実績があります。

家事労働者の女性たち(ブックマイバイ社、ムンバイ、インド)

■ CSIチャレンジ1 グランプリ企業


ステラップスは低生産性や不透明なバリューチェーンといった問題を抱えるインド酪農セクターにIoTソリューションを提供しています。事業を通じて生産性の向上、高品質の生乳の安定的な供給、零細農家の所得安定といった社会的インパクトの拡大が期待されています。グランプリ企業として、ARUN Seedより$50,000の投資を実行致しました。

農家は朝晩、絞った牛のミルクを村の集荷所に持ってきます。並んでいるのは、ステラップスが設置した機器。ミルクの質と量を計測し、データをその場で農家と共有し、さらにクラウドで管理することができます。(ステラップス提供)

No tags for this post.