2022年7月28日

「認定 NPO 法人」更新見送りのお知らせ及びお詫び

日頃より 特定非営利活動法人ARUN Seedをご支援賜り、誠にありがとうございます。

さて、特定非営利活動法人ARUN Seedは、2017年7月に「認定特定非営利活動法人(認定NPO 法人)」の認定を受け、寄付者の方々の申告により所得控除もしくは税額控除の寄付金特別控除が適用されてきました。 今年、2022 年に認定後5年を迎えることから、認定更新に向け準備を進めてまいりましたが、その過程で、毎年提出が定められている書類のうち、2019年度の「役員報酬規程等提出書」の提出が1年以上遅れ、法令違反(NPO法第54条第2号、第55条第1項他)となっていたことが判明しました。所轄庁である東京都とも相談しましたところ、書類不備とは言えかかる法令違反があった以上、認定更新は極めて難しいとの見解を頂き、弊団体内でも協議をしました結果、今回の認定更新は見送ることといたしました。

この結果、2022年7月27日をもって、ARUN Seedは「認定NPO法人」ではなくなり、2022年7月28日以降、特定非営利活動法人ARUN Seedへのご寄付は、「寄付金特別控除の適用外」となりました。

新型コロナウイルス感染症によるリモート勤務下、且つ、職員を置いていなかった時期に発生した事案とは言え、管理の不徹底を深く反省いたしますとともに、会員、支援者、関連団体、関係者の皆さまには、大変ご迷惑をおかけすることとなり、心よりお詫び申し上げます。

今後このような事案が生じることのないよう、2021年1月には事務局長を採用、その主導の下、業務管理体制を強化し現在に至っております。また、会員、インターンを中心に、ARUN全体の活動や運営体制について話す場も定期的に設けると共に、外部の方のご意見も伺いつつ、体制の改善につとめております。認定につきましては、再申請が可能になり次第、改めて取得に動く所存です。

ARUN Seedの社会的投資の実践、及び普及啓発活動については、現地、インド、インドネシアにおいても、日本国内においても、変わらずに継続、実施してまいります。

現在、起業家支援のためのビジネスコンテスト、CSIチャレンジの第4回の開催に向けて、会員、インターンの力を合わせて、また有識者のみなさまのお力を借りながら準備を進めているところです。今回は、ジェンダー・イノベーションをテーマに、パンデミックや紛争でより顕在化したジェンダー平等の遅れに取組む社会起業家を発掘し、応援していきたいと考えております。ビジネスコンペティションと並行して、クラウドファンディングも実施する予定です。また、社会的投資の普及啓発活動の柱として、昨年より開講いたしましたサステナブルビジネススクールについては、入門編に加えて、今秋より探求編の開講を目指して準備をしております。

また、他団体のみなさまとの連携もこれまで以上に進めていきたいと考えております。
この度、寄付金控除の対象外となることで、ご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げます。これまで以上に、社会的投資の実践と普及啓発活動に邁進していく所存です。今後とも変わらぬご支援、ご協力を賜りたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人ARUN Seed
代表理事 功能聡子

お問合せはこちらまでお願いいたします。
特定非営利活動法人 ARUN Seed 事務局
Eメール:info@arunseed.jp