いつもARUN Seedの活動を応援して下さりありがとうございます。
皆さまにビジネスコンペティションの進捗をご報告させていただきます。

CSIチャレンジのプロボノメンバーとインターンが中心となって2次審査を行いセミ・ファイナリスト 12社を選出しました!
クオーター・ファイナリスト 23社はどの企業も素晴らしく非常に難しい判断となりましたが、議論に議論を重ねて無事にセミ・ファイナリストを選出できたことに安堵しております。

ここで、セミ・ファイナリストを簡単にご紹介させていただきます。

<セミ・ファイナリスト一覧>
※順不同で企業名掲載
※()内はビジネス展開している国・地域

GGateway for Outsourcing Information Technology(Palestine-Gaza)
ITアウトソーシングをパレスチナ自治区ガザ地区で展開。ITスキルの教育から職業機会の提供までを一気通貫で行い、ガザ地区に暮らす若者の雇用創出によるエンパワーメントを目指している

Mosabi(Sierra Leone)
インフォーマルセクターを担う起業家向けのオンライン教育サービスを提供。サービスを利用するユーザーのデータを取得し、金融機関へ共有することによって金融機関の信用評価をサポートすることで、金融アクセスに関わる課題解決を目指している

Sirona Hygiene Private Limited(India)
インドの女性が直面する衛生問題に対して、プロダクトを通じてソリューションを提供することを目指す。立ったままトイレをすることができる「Pee Buddy」や月経カップ「Reusable Menstrual Cup」などを展開

Wonder Tree(Pakistan)
障がいをもつ子供向けに、ARを活用した教育コンテンツを提供

Sharqi Shop
ヨルダンに住む職人が作る製品を販売するオンラインプラットフォームを展開。サービスを利用する職人の65%が女性、60%がシリア人となっており、収入確保に寄与

Learning Matters Private Limited(India)
教師及び生徒向けに市販のスマートスピーカーを使用したトレーニングツールを展開。AIやデジタル技術を活用し、コスト効率良くスケーラブルなソリューションを提供している

PT Amartha Mikro Fintek(Indonesia)
農村部でビジネスで生計を立てる女性達に対し、都市部の個人が彼らに融資を行えるようなプラットフォームを設立・運営しているフィンテック企業。コロナウイルス発生後は、プラスチックゴミの収集と販売のエコシステムを形成することによるサステナブルなビジネスに従事する機会を女性に与える試みが進行中

Janitri Innovations Private Limited(India)
妊婦の健康状態を遠隔診療するためのプロダクトを展開。胎児の心拍数を測定するパッチとそれを用いて遠隔診療できるアプリケーションなどを医療機関向けに提供している

Mekan – Karama’s Community Food(Palestine)
難民の女性に屋上菜園で野菜などを育ててもらい、それらの野菜を用いて作った食品を販売するサービスを展開。仕事のない難民の女性のエンパワーメントを目指す

Greenovator Co.Ltd
ミャンマーではGDPの3割を占める農業の生産性向上は重要な課題。モバイルアプリを活用した農業生産性の向上、マイクロファイナンス機関へのアクセスなどのサービスを提供

Du Anyam(Indonesia)
インドネシアの農村部においては、伝統工芸品の販売を収入源とする人々の所得向上が課題。アプリを用いて購買企業(大手家具メーカーなど)と農村部の職人を繋ぎ、サプライチェーンの見える化や農村部の職人に対する金融アクセスの提供などのサービスを提供

HappyTap Co. Ltd.(Vietnam, Bangladesh)
ベトナムやバングラデシュなどの、特に手洗いの場が少ない地域に、ポータブルで低コストの手洗いデバイス「HappyTap」を提供。公衆衛生の向上を目指す

現在、セミファイナリストに対してオンラインインタビューを実施し、ファイナリストを選出中です。
ファイナリストが決定しましたらご報告させていただきます。
引き続き我々の活動を応援いただけますと幸いです!

No tags for this post.