2017年のARUNグリーティングカードは、スズキユージさん、仲子佳菜さん(電通)のデザインを使わせていただきました。電通グループのクリエーター132人が全国69のNPOのポスターを制作した、ソーシャルポスター展(主催:日本NPOセンター、電通)の作品です。社会的投資の意味や、スタートアップ、シードステージの社会的企業の可能性を5つの美しいデザインにしてくださいました。感謝です。
*カード画像下にあるお二人からのメッセージもぜひお読みください。

ARUN Seed
ソーシャルポスター
☆スズキ☆
☆ナカコ☆
2016.11.19

7月8日 初めてお会いして、お話を伺いました。

主に画的な担当 スズキ
主に言葉の担当 ナカコ

活動内容、問題意識、課題解決、その全てに、
私たち二人は、大変共感し、心を熱くしました。

伝えたいこと、伝えるべきこと、沢山あります。
多くの人、世界に伝えたいこと、沢山あります。

事例の紹介、
そこに居る人々、
その先に掲げる理念。

作るのは、 ポスター。

イベントや、 WEBと違い、
興味や、関心を持った人が、
見に来てくれる訳ではない。

目立だせよう。
印象に残そう。

と考えました。

色は、“青”を基調に。
その理由は、
夜明けの青が素敵だと、
知ってる方が居たから。

何かに懸命になった時、夜が明けてしまった時、
夜明け前に移動した時、早起きした時見れる青。
頑張った事の有る人が、見る事が出来る青だと。
大変共感を致しました。

それでは・・・

No tags for this post.