【PDF版はこちら】

認定NPO法人ARUN Seed (以下、アルンシード)は、この度、社会的起業家を支援するビジネスコンテスト「CSIチャレンジ2」(*)のグランプリ企業Bookmybai.com(以下、ブックマイバイ) に対し、社会的投資を行いました。

ブックマイバイは、インドにおいて、ITを活用して家事労働者と雇用者家庭のマッチングを効率的に行うことにより、働きがいのある雇用(ディーセントワーク)を創出しています。すでに5000人の家事労働者と28万人の雇用者がブックマイバイのデータベースに登録されており、2015年から約3年の間に1万1千件の職を紹介しました。

家事労働者は、雇用者の家庭内で、契約書もないまま低賃金・長時間労働を強制されるなど搾取されやすく、また、暴力・虐待、人身売買に苦しむなどインドにおいて大きな社会問題となっています。その問題の解決を目指し、ブックマイバイは、家事労働者の雇用条件と安全を守るための細やかなサービスを提供しています。例えば、就業にあたっては同社スタッフが就労条件・給与の交渉に同席し、契約書を締結する、就業開始後のトラブルに24時間ヘルプラインで対応するなどです。また、地方から職を求めて都市に来た求職者に対しては、同社に登録後、仕事が決まるまでの間、同社が無償で住居・食事を提供しています。

ブックマイバイの人材あっせん事業が創出している社会的インパクトは、主に以下の3点です。
  1. 女性の社会進出ならびに収入向上
  2. 適切な雇用条件の設定・法的拘束力の確保
  3. 女性の労働環境の改善・安全の確保

アルンシードは、これらインパクトの最大化を目指し、同社に対し継続的な支援を提供して参ります。

ブックマイバイCEOアヌパム・シンハル氏のコメント:
アルンシードのようなパートナーに出会うことができ、大変幸運に思っています。社会的投資団体であるアルンシードから出資とサポートを得られたことは、私たちの目指すゴールが間違っていないことを示してくれました。両者が互いに学び合い成長し、将来にわたり社会に大きなインパクトを生み出したいと考えています。

*「CSIチャレンジ」とは、各地の社会課題に対し、アイディアと技術を活用し革新的な取り組みを行うアジアのソーシャルビジネスを対象としたコンペティションです。本年実施の第2回目は、テーマを「Challenging Innovation for the SDGs」とし、計15カ国・128社から応募がありました。以下の団体・企業・個人の皆様にご協力をいただいております。
 後援:独立行政法人国際協力機構(JICA)
 パートナー企業・団体:MS&ADゆにぞんスマイルクラブ、株式会社コパイロツト、
              公益財団法人笹川平和財団
 リーガルアドバイザー(プロボノ):アンダーソン・毛利・友常法律事務所、
Khaitan & Co
 クラウドファンディング支援者:165名

投資先企業:
名称: Bookmybai.com(ブックマイバイ)
事業内容: 家事労働者に特化した人材紹介事業
設立: 2015年
本社: インド・ムンバイ
HP: http://www.bookmybai.com/

認定NPO法人ARUN Seed(アルンシード):
社会的投資の普及・発展・研究を目的として発足したNPO法人です。アルンシードでは、途上国への社会的投資を実践しながら、社会的投資の調査研究、情報発信を行い、インパクトインベストメントやソーシャルビジネスを推進する他団体とのネットワークを通して社会的投資を広め、日本から世界へ情報発信を進めています。

アルンシード代表 功能聡子:
国際基督教大学、ロンドン政治経済大学院卒。民間企業、アジア学院を経て1995年より10年間カンボジアに在住。NGO、JICA、世界銀行などの業務を通して、復興・開発支援に携わる。カンボジア人の社会起業家との出会いからソーシャル・ファイナンスに目を開かれ、その必要性と可能性を確信しARUNを設立。日本発のグローバルな社会的投資プラットフォーム構築を目指して活動している。SBIビジネスプランコンテスト優秀賞受賞、エコジャパンカップ2010 環境ビジネスウィメン賞受賞、第三回日経ソーシャルイニシアチブ大賞国際部門賞受賞、2016年「Forbes Japan世界で闘う日本の女性55」、2018年「Forbes Japan新しいイノベーション!日本の担い手99選」 選出。


【お問い合わせ先】
認定NPO法人ARUN Seed(アルンシード)
担当:前島
E-mail : info@arunseed.jp

ブックマイバイCEOアヌパム・シンハル氏と、同社サービスを利用する家事労働者の女性たち



No tags for this post.