01.女性のエンパワーメントを加速させる

社会的な課題を解決しながら経済的な利益も生み出す投資「社会的投資」

いま、世界中で注目を集めています。

この記事では、シリーズとして社会的投資にまつわる国際会議でのレポートをお届けし、みなさまに世界の潮流をお伝えしいきます。

第1回目は女性のエンパワーメントの加速について。

アジア地域は、個人消費や好調な企業収益、インフラ需要などから、経済成長率も上昇しています。にもかかわらず、依然として女性は、男性より労働力率が低く、仕事につけたとしても、男性と比べて、給与も保証も低く、男性と比べてキャリアを築いていくのが難しい傾向にあります。

日本では先代の努力により、男女間の格差はだいぶなくなり、書いている私は、女性に生まれてきてよかった。と思うことが多々あるほどです。

しかし、世界に目を向けると、悲しいことに、女性は生まれた国によって、人生が左右されてしまうという現状は続いているのです。

女性の発展と成長の道筋を作る上で教育、医療、生活が果たす役割は非常に重要です。

財団や政府、企業が女性を支援するために何が必要なのか。

今回は、教育についての役割を見ていきます。

エルモでおなじみの、子供の心の教育を行う、セサミワークショップのトップであるシェリーウェスティンが、セサミストリートのインドの女の子Chamkiちゃんと一緒に登壇されました。

セサミワークショップは、セサミストリートの背後にある非営利の教育機関です。メディアが持つ力を活用して、子供が賢く、強く、優しく育つことを支援しています。

Chamkiちゃんは、ステージの上で、学校での楽しい活動やお友達の事、自分の興味のあることについて元気よくお話してくれました。Chamkiちゃんを女の子の、子供のあるべき姿のロールモデルにしてメディアで発信していくことで、女性の識字率向上と、子供たちの就学の促進をしているのです。

シェリーさんは、「どこの国に生まれても、男女関係なく、元気にお友達と学校に行き、夢を見て、それを叶えられる環境を、大人が作り出してあげることが大切です」と語っていました。

セサミワークショップの素晴らしいとことろは、メディアという強力な発信ツールを巻き込み、財団、法人、政府機関、個人、プログラム販売、製品ライセンスなどを通じて、持続的に世界の子供たちの声となり、活動を続けていることです。

近年のIT技術の向上により、社会との接点ができ、新しい雇用を見つけることによって貧困から脱出する方法がどんどん見出されえています。

女性は、社会を変える素晴らしい力を持っていると思います。現代の技術力も駆使し、女性がしっかりと教育を受け、自分で自分の未来を選択し、自分の能力が活かせる仕事についていけるようになれば、経済も加速し、その国のGDPも上昇していきます。

政府やNGO、民間企業と連携しながら、女性の教育や健康、エンパワーメントに積極的に投資をし、エコシステムを構築すると、それは様々な波及効果をもたらし、家族、地域社会、そして国が持続的な発展をもたらすことに大いに貢献するのではないでしょうか。

出典:Sesame Workshop

http://www.sesameworkshop.org/http://www.sesameworkshop.org/

No tags for this post.