認定NPO法人ARUN Seed (以下、ARUN )は2018年3月20日、クラウド・ファンディングを通じて資金を調達し、貧困や保健衛生など途上国の社会課題の解決に寄与するビジネスへ投資する「第2回クラウド・ソーシャル・インベストメント・プログラム (Cloud Social Investment Program: CSI)」を開始いたします。

本プログラムは、途上国の社会起業家が自らのビジネスをプレゼンテーションし、投資先を選抜する「ビジネス・コンペティション(CSIチャレンジ)」と、日本で寄付を呼びかけながら社会的投資を促進するためのプラットフォームづくりを目指す「クラウド・ファンディング」から構成されます。

このうちCSI チャレンジでは、「画期的なビジネスを通じたSDGsの達成(Challenging Innovation for the SDGs)」とテーマを掲げ、アジア地域で活躍する多くの社会起業家から参加することが期待されます。クラウド・ファンディングでは、株式会社CAMPFIREが提供するプラットフォームを通じて支援者を募るとともに、社会的投資への関心を高め、途上国の社会起業家と日本の市民・支援者をつなぐ社会的投資プラットフォームへと発展させることを目指しています。

最終選考会はARUN理事である米倉誠一郎一橋大学名誉教授がチェアを務め、5月末に開催する予定です。優勝した起業家には、事業成長に必要な投資に加え、ビジネスモデルへの助言や製品・サービス開発へのサポートなど、さまざまなインキュベーションサポートを提供します。

クラウド・ファンディング・ページ: https://camp-fire.jp/projects/view/65109

CSI チャレンジ・ページ: https://arunseed.jp/csi-challenge-vol-2

 

本件に関するお問い合わせ先:
認定NPO法人ARUN SEED
〒104-0028 東京都中央区八重洲2-11-7 一新ビル8F
03-4520-5417
info@arunseed.jp
https://arunseed.jp/


SDGs(=Sustainable Development Goals)とは:
持続可能な開発目標:2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

認定NPO法人ARUN Seedとは
ARUN Seed(アルンシード)は、社会的投資の普及・発展・研究を目的として発足したNPO法人です。ARUN Seedでは、途上国への社会的投資を実践しながら、社会的投資の調査研究、情報発信を行い、インパクトインベストメントやソーシャルビジネスを推進する他団体とのネットワークを通して社会的投資を広め、日本から世界へ情報発信を進めています。

 

ARUN 代表プロフィール 功能聡子
国際基督教大学、ロンドン政治経済大学院卒。民間企業、アジア学院を経て1995年より10年間カンボジアに在住。NGO、JICA、世界銀行などの業務を通して、復興・開発支援に携わる。カンボジア人の社会起業家との出会いからソーシャル・ファイナンスに目を開かれ、その必要性と可能性を確信しARUNを設立。日本発のグローバルな社会的投資プラットフォーム構築を目指して活動している。SBIビジネスプランコンテスト優秀賞受賞、エコジャパンカップ2010 環境ビジネスウィメン賞受賞、第三回日経ソーシャルイニシアチブ大賞国際部門賞受賞、2016年「Forbes Japan世界で闘う日本の女性55」に選出。

No tags for this post.