東北のフィールドワーク先をご紹介!

実際に起業家たちに出会い、
ビジネスがどのように成り立っているかを見て、
話を聴くという機会はあまりありません。

今回のフィールドワークでは、
ITを活用した最先端の施設型農業でイチゴ栽培を手がける『GRA』、
そして地元産の野菜や海産物を活かした食の六次化ファーム『ATALATA』を訪問します。

GRA代表の岩佐さん、ATALATA代表の島田さんはまさに本物の経営者であり、社会起業家です。

彼らから直接お話を伺い、ディスカッションをするという貴重な時間を体験していただきます。

これらの企業は、
ローカルとグローバル両方の視点で食・農業ビジネスを仕掛けています。

GRAは2012年からインドの貧困地域でITを活用したイチゴ栽培を開始。
成長著しいインド市場での成功が、東北の農業を再生する鍵を握ると考えています。

ファミリアの島田さんは、震災時の体験をもとに、栄養価の高い備蓄食品の製造・販売も開始。
JICAと連携して、カンボジアへの展開も始めています。

社会問題に全力で取り組む起業家に会い、
日本の地域が磨いてきた技術やノウハウは世界でも通用する、
地方発のビジネスの可能性について、体感する貴重な機会を提供します。

密度の濃い内容のプログラムとなっておりますので、
満足度120%になること、間違いなし!

「ソーシャルビジネスコンペティション2015」の
詳細・お申し込みはコチラから

No tags for this post.