〜サンカルプに参加しました〜
 
2017年12月はじめに、インド、ムンバイで開催された社会起業家フォーラム、サンカルプに参加しました。800人を超える起業家、投資家、支援者などが集う熱気はいつもの通りでしたが、新たな発見もありました。
 
ひとつは、社会的投資に関わる人たち自身が、自信を深めているということです。今後、SDGs(持続可能な開発目標)を中心に、社会を変えるビジネスが主流化する、そこで特に重要な低所得者層のマーケットに対して社会的投資機関は深い理解を持っている、という確信が感じられました。社会的投資の対象も、これまで主流だったマイクロファイナンスなど金融分野だけでなく、農業、保健、エネルギーなどに拡大しており、近い将来、年金基金などの大きな資金も社会的投資に向かうだろう、と議論されています。
 
もうひとつは、ジェンダーの視点です。女性が受益者となるビジネスだけでなく、女性は起業家、経営者としても優れており、投資対象として盛り立てていこうという気運が高まっています。
 
三つ目は、日本人参加者が増えたことです。基調講演をされた渋澤健さんは、「論語と算盤」をひいて共感資本主義について話され、多くの人の共感を集めました。他にも日本から政府系ファンドや財団の責任者、ケニアの農業系スタートアップで働く日本人など、多彩な顔ぶれが集まり、日本から、アジア、アフリカ、世界へと社会的投資の流れが生まれる大きな希望を感じました。
 
サンカルプの後には、インドのスタートアップ企業を複数訪問しました。次回はその様子をご紹介したいと思います。どうぞお楽しみに。
 
功能聡子
No tags for this post.