Ennovent

<設立背景>

Ennoventは、2008年にオーストリアで設立されました。低所得者層のマーケットには数多くのイノベーションや社会的インパクトをもたらすチャンスがある一方で、低所得者層の人々はこれらのサービスへのアクセスが限られていたり、商品をマーケットへ供給するアクセスも限られるなど数多くの制約やリスクがあります。Ennoventは、このような発展途上国の低所得者層マーケットの持続可能性を支えるイノベーションを促進させることを目的に創設されました。

設立当初は、インドにて低所得の人々でも通える学校や医療サービスのイノベーションに投資するファンドとして活動を行っていました。2010年以降はファンドの枠を超え、新しいアイディアの発掘、効果的なビジネスモデルのアドバイス、そしてビジネスの成長拡大のサポートも行っています。

現在はインドを中心に20カ国以上、35以上の都市に拠点を置いて活動を行っています。

<組織概要>

Ennoventでは、以下の4つの側面からノベーションの実現をサポートしています。

Discovery: イノベーションを取り巻くマーケットのリサーチ、イノベーションにつながるアイディアの発掘などを通じて、イノベーションの初期段階からサポートしています。

Start-up: イノベーションの実現可能性の検討、試験制作・運用、ビジネスモデルの検討、資金調達に向けての準備などをサポートしています。

Finance: 投資家向けの投資助言やデューディリジェンス、起業家向けの投資家の紹介、ファンドのマネジメントサービスを通じてサポートしています。

Scale: イノベーションの成長・拡大のために、起業家向けにはマーケットシェアの拡大や新規マーケットの発掘、投資家向けにはポートフォリオのマネジメントのサポートを行うと共に、イノベーションの普及に向けてサポートを行います。

<実績>

20154月現在、15カ国、60以上の顧客に向けて、250以上のイノベーション促進に関わってきました。その中には、低所得者層向けの太陽光発電で動く水処理設備や、家庭用の証明システムの試作、遠隔地への電気事業拡大のサポートなどがあります。

出典:

http://www.ennovent.com

No tags for this post.