ARUN(アルン)とは、カンボジア語で「暁」、「夜明け」、という意味です。
太陽が夜明けを照らすときのように力強い希望とエネルギーで、新しい社会を作っていく。
この社名には、そんな思いが込められています。

NPO法人ARUN Seed(アルンシード)は、社会的投資の普及・発展・研究を目的として発足したNPO法人です。
ARUN Seedでは、途上国への社会的投資を実践しながら、社会的投資の調査研究、情報発信を行い、インパクトインベストメントやソーシャルビジネスを推進する他団体とのネットワークを通して社会的投資を広め、日本から世界へ情報発信を進めています。

【団体情報】

  社名 NPO法人ARUN Seed
  設立 2014年3月10日
  所在地 東京都中央区八重洲2-11-7 一新ビル8F(アクセスはこちら
  代表 功能 聡子
  HP http://arunseed.jp/
  事業内容 (1) 社会的投資に関する情報提供
(2) 参加型の社会的投資プラットフォームの構築
(3) 有望な社会起業家の発掘・支援
(4) 社会起業家への社会的投資、知識、技術、ネットワークの提供
(5) 社会的投資に関するセミナー、講演会の開催、企画運営事業
(6) 調査研究の企画、実施、出版物の作成、及び助言事業
(7) グローバル人材育成
(8) その他、この法人の目的を達するために必要な事業
  定款 こちらからご覧いただけます(PDF)
  会計報告 平成26年度会計報告書(PDF)
平成27年度会計報告書(PDF)

 

【沿革】

  2010年4月  社会的投資の普及活動を通し、国際相互理解の促進と途上国の経済協力に寄与することを目的として社団法人SIFCを設立。
  2011年2月  名称を社団法人ARUN LABに変更。
  2014年3月  ARUN LABの事業内容を引き継ぎ、特定非営利活動(NPO)法人ARUN Seedとして東京都より認証される。

 

【講演・ヒアリング依頼料金のご案内】

ARUN は「地球上のどこに生まれた人も、ひとりひとりの才能を発揮できる社会」をビジョンとし、具体的なミッション「途上国の人々のエンパワーメントと機会の創出」「参加型の社会的投資プラットフォームの構築」を遂行するべく日々奮闘しております。

講演やヒアリングについても、こうしたミッションを達成するための事業の一部としてお引き受けしております。お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

なお、講演・ヒアリング依頼料金等につきましては、下記のPDFファイルをご参照ください。
ARUN講演料等のご案内